育毛剤の医薬品と医薬部外品の違い

MENU

育毛剤、「医薬品」と「医薬部外品」の違い

世間で「育毛剤」と呼ばれるものは、「医薬品」「医薬部外品」の2種類があります。

 

「医薬部外品」とは、パッケージに「医薬部外品」と書かれているものはもちろん、「薬用育毛剤」などと書かれているものも、これに該当します。

 

では、医薬品と医薬部外品、この2つにはどういう違いがあるのでしょう?

 

医薬品の育毛剤と、医薬部外品の育毛剤の違い

医薬品の育毛剤と、医薬部外品の育毛剤の最大の違いは、「医薬品の育毛剤は、基本的には医師や薬剤師の管理のもとで取り扱われるため一般人の入手にはある程度制限があり、医薬部外品の育毛剤は、医師や薬剤師の管理も特になく、一般人が自由に買える」という点です。

 

また、「医薬品は薄毛症状の治療を目的とし、医薬部外品は薄毛の予防・進行抑制という点に重点を置いている」という違いもあります。

 

ですから、「薄毛に対して、高い効果・即効性が期待できるのはどちらか?」となると、これは「医薬品の育毛剤のほうが効果の高さと即効性の期待値は高い」と言えるでしょう。

 

医薬品育毛剤のリスク

というわけで、育毛剤としてより高い効果と即効性が期待できるのは、医薬部外品よりも医薬品、ということになるのですが、「じゃあ、薄毛に悩んでいるなら、迷わず医薬品の育毛剤を選べばいいのか」というと・・・実はそうではありません。

 

医薬品の育毛剤は、効果面ではメリットが大きい反面、「副作用のリスク」という、大きなデメリットもあるのです。

 

医薬品というのは「効果が高ければ高いほど副作用のリスクも高い」というのが一般的ですから、医薬品の育毛剤の使用はまさに「効果と副作用を天秤にかける」ということになります。

 

もちろん、副作用がある医薬品と言っても、風邪薬のように「一時的に使うだけ」なら特に心配することはないでしょうが・・・育毛剤というのは、ずっと長年使い続けていくものですよね。

 

そうした点を考えると、これから長年の「育毛剤とのおつきあい」を始める人が、いきなり副作用リスクの高い医薬品の育毛剤を使うのは、おすすめできないのです。

 

その点、医薬部外品は、医薬品に比べて効果や即効性が多少弱い、という弱点はありますが、副作用のリスクはほとんどありません。

 

つまり「長い目で見た安全性」を考えれば、まずは医薬部外品の育毛剤から試してみるほうがいい、と言えるでしょう。

 

もし、医薬部外品の育毛剤をしばらく使って効果が感じられなかったとしたら、その時は改めて、医薬品の育毛剤の使用を検討してもいいと思いますが、「真っ先に医薬品に飛びつく」というようなことはやめたほうが無難です。