育毛シャンプーの情報

MENU

育毛シャンプーに関する情報とヘアケアについて記事一覧

 

髪と頭皮にダメージを与えにくいシャンプーとしておすすめなのは、良質なアミノ酸系シャンプーなのですが、できればそこにもうひと工夫して、スペシャルな「頭皮元気シャンプー」を作ってみませんか?簡単!頭皮元気シャンプーの作り方いつものシャンプーにひと工夫を加えた、「頭皮元気シャンプー」の作り方は簡単。小鉢などの器に、「1回分のシャンプー+黒砂糖大さじ1杯+水小さじ2杯」を入れて、それをよく混ぜるだけでOK...

 
 

髪と頭皮を守るためには、シャンプーだけではなく、リンスやコンディショナーの使い方についても、注意しなければいけない点がいくつかあります。ここではそれをお話ししましょう。リンス・コンディショナーの役割とは?さて、まずは「そもそもなぜ、リンスやコンディショナーが必要なのか」という点について、サラッと触れておきましょう。リンスはコンディショナーの役割は何かというと、ごく簡単に言えば「頭皮から出る油分の代...

 
 

髪と頭皮にできるだけダメージを与えないようにするためには、シャンプー選びも大切ですが、どんなに良質なシャンプーを選んだとしても、その使い方が悪いと、どうにもなりません。髪と頭皮をいたわるための、シャンプーの正しい使用法をマスターしましょう。多くの女性がやりがちな「シャンプーでのNG」とは?ではまず、多くの女性がやってしまいがちな、シャンプーでのNG行為を挙げていきましょう。〇マイルドなシャンプーを...

 
 

洗浄力が高いシャンプーというのは「汚れ落とし」という点では頼もしい存在に思えるのですが、その反面・・・「頭皮に必要なだけのうるおいを残す」という点では大きなマイナスとなる存在。特に女性は男性よりも頭皮の脂が少ないため、洗浄力の高すぎるシャンプーによる頭皮の乾燥問題は深刻になりがちです。「洗浄力の強すぎるシャンプー」はここで見分けよう!頭皮の脂が男性よりも少ない女性は、洗浄力の高すぎるシャンプーを使...

 
 

ラウリル硫酸やラウレス硫酸などの石油系合成界面活性剤が配合された、洗浄力の高すぎるシャンプーは、頭皮の皮脂を必要以上に落としすぎてしまって、髪と頭皮にダメージを与えてしまう可能性がある・・・では、髪と頭皮にダメージを与えにくい「やさしいシャンプー」って、どんなものなのでしょうか?女性の髪と頭皮にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ!髪と頭皮にダメージを与えにくい、「やさしいシャンプー」とはどんなシャン...

 
 

あなたは、日々のブラッシングで「髪にダメージを与えないように」と意識していますか?何気なく、ただブラッシングをしている、という人は、そのブラッシングが髪にダメージを与えてしまっている可能性があります。髪を傷めないためのブラッシングのコツを、知っておきましょう。ブラシやクシは静電気除去・防止タイプを使おう!髪を傷めないブラッシングの基本のひとつとなるのが「髪に静電気を帯びさせないこと」です。「静電気...

 
 

お風呂からあがって、タオルで髪の水気をざっと吸い取って・・・その後のブロー、あなたはどんなやり方をしていますか?ブローのやり方ひとつでも、髪に対するダメージリスク度には大きな違いが出てきます。出来るだけ髪を傷めないための、やさしいブローのコツをご紹介しましょう。ブローにおける最大のコツとは?「ブローなんて、温風でザザッと髪を乾かすだけなんだから、コツなんてそんなにないでしょう」と思う人も居るかもし...