薄毛の原因!?洗浄力の高いシャンプーについて

MENU

洗浄力の高いシャンプーには要注意!?

洗浄力が高いシャンプーというのは「汚れ落とし」という点では頼もしい存在に思えるのですが、その反面・・・「頭皮に必要なだけのうるおいを残す」という点では大きなマイナスとなる存在。

 

特に女性は男性よりも頭皮の脂が少ないため、洗浄力の高すぎるシャンプーによる頭皮の乾燥問題は深刻になりがちです。

 

「洗浄力の強すぎるシャンプー」はここで見分けよう!

頭皮の脂が男性よりも少ない女性は、洗浄力の高すぎるシャンプーを使うべきではありません。

 

ですが、「選んではいけない、洗浄力の強すぎるシャンプー」って、一体どこを見れば分かるのでしょう?

 

これは実は、全成分表を見ればすぐに分かります。

 

まず・・・「ラウリル硫酸」または「ドデシル硫酸」というような文言がどこかにあれば、これは「洗浄力が高すぎて、最悪レベルに頭皮にダメージを与えるシャンプー」と考えて間違いありません。

 

というのも・・・ラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)は、たんぱく質を変性させてしまう作用が非常に強く、この成分が毛穴に詰まって浸透すると、「毛根や頭皮のたんぱく質を変性させ、ダメージを与えてしまう」ということになるのです。

 

次に避けたいのは、先ほどのラウリル硫酸と名称がよく似ていますが「ラウレス硫酸(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム)」という成分です。

 

こちらは、ラウリル硫酸と比べると、たんぱく質の変性リスクは少ないのですが、「洗浄力が高く、頭皮の乾燥を招いてしまいやすい」というリスクは、ラウリル硫酸と同様にあります。

 

どうしても洗浄力にこだわりたい人へ

ラウリル硫酸やラウレス硫酸が入ったシャンプーは避けたほうがいい、と言われても、やっぱり、ある程度のさっぱり感はほしい、という人は、あえて「石けんシャンプー」を選ぶ、という手もあります。

 

石けんというのは、洗浄力が高くて洗い上がりはつっぱり感が出てしまうものの、実はラウリルやラウレスなどの石油系合成界面活性剤と比べると、肌の深刻な乾燥は起きにくいんですよね。実際、ボディに使う洗浄料を見ても、石けんは「ボディーソープなどに比べると、皮膚に対してのトラブルリスクが少ない」という歴史がありますからね。

 

ただし、石けんシャンプーは、誰にでもおすすめできるものではありません。

 

石けんシャンプーは、頭皮の脂汚れはすっきり落とせるものの「長髪であればあるほど髪がきしむ」ということで髪がダメージを受けますし、さらに、パーマをしたことがある人にとっては、「パーマ液の成分と石けんの相性が悪い」ということで髪や頭皮の思わぬトラブルを招く可能性もあります。

 

ですから、石けんシャンプーがおすすめできるのは、「ショートヘアで、パーマも一切しておらず、さらに、きちんと石けんシャンプー対応の専用リンスでのケアもできる人」という3つの条件をクリアしている、かなり限られた範囲の人となる、ということを理解しておきましょう。