アミノ酸系シャンプーについて

MENU

髪と頭皮にやさしいシャンプーとは

ラウリル硫酸やラウレス硫酸などの石油系合成界面活性剤が配合された、洗浄力の高すぎるシャンプーは、頭皮の皮脂を必要以上に落としすぎてしまって、髪と頭皮にダメージを与えてしまう可能性がある・・・

 

では、髪と頭皮にダメージを与えにくい「やさしいシャンプー」って、どんなものなのでしょうか?

 

女性の髪と頭皮にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ!

髪と頭皮にダメージを与えにくい、「やさしいシャンプー」とはどんなシャンプーなのかというと、これはズバリ、アミノ酸系の洗浄剤を配合した「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。

 

アミノ酸系の洗浄剤というのは、石油系合成界面活性剤と比べると、髪や頭皮に与える刺激がとてもマイルドで、ラウリル硫酸のような「たんぱく質を変性させてしまう」などという、恐ろしい害の心配もほとんどありません。

 

アミノ酸系シャンプーを選ぶ際の注意点

アミノ酸系シャンプーを探すには、シャンプーの成分表の中に「グルタミン酸」「グリシン」「アラニン」「タウリン」などの文字が入っているかどうか、を見るのがおすすめです。

 

ここで注意しておきたいのは、「単に、アミノ酸系を示すような成分名があればOKというわけではない」ということです。

 

どういうことかというと・・・

 

たとえ、アミノ酸系の洗浄剤を使っているシャンプーであっても「実はアミノ酸系洗浄剤の割合は少量で、メインは石油系合成界面活性剤」などという、まるで「騙し」のような状態になっているシャンプーをつかまされてしまう可能性がないとは言えないからなんですよ。

 

ですから、こうしたアミノ酸系を示す成分名が、全成分名の表示順の中で、そこそこ上位に来ているかどうか、という点まで見るのが大切です。成分表示というのは、基本的には、配合量が多いものから順に表示されますからね。

 

まともなアミノ酸系シャンプーなら、アミノ酸系洗浄剤成分は、遅くとも成分表示の10番目くらいまでには上がっているはずですよ。逆に、「ラウリル」「ラウレス」などという、石油系合成界面活性剤を示す文字が成分表示の上位に来ているようなシャンプーは、たとえアミノ酸系洗浄剤が多少配合されていたとしても、おすすめできません。

 

ですから、パッケージに「アミノ酸系洗浄剤使用」と書かれていても、それだけで安心するのではなく、成分表示まできちんと見ておきましょう。

 

また、「アミノ酸系シャンプーは、石油系合成界面活性剤メインのシャンプーと比べると、アミノ酸系のほうが原料費が高くつく分、価格がやや高価」というのも、見分けのための参考になるポイントです。

 

アミノ酸系洗浄剤を使用しているはずなのに、信じられないくらい安価、というものは、特にじっくりと成分表示をチェックしたほうがいいでしょう。