男性と女性の薄毛の違い

MENU

男性と女性の薄毛の違い

「薄毛の悩み」と言っても、男性と女性の薄毛の悩みの内容には、実は大きな差があります。
ここではその点についてお話ししましょう。

 

こんなに違う!男性と女性の薄毛

男性と女性、それぞれの「薄毛の悩み」に、いったいどんな差があるのかというと・・・

 

まず、男性の薄毛の悩みというのは、その大半が「額の左右の生え際や前髪の生え際が脱毛する」「頭頂部に脱毛が起こる」というタイプに当てはまります。

 

これは、ごくごく簡単に説明すると、男性ホルモンが脱毛の大きな原因となっていると考えられる「AGA(男性型脱毛症)」というもので、数ある脱毛症の中でも、間違いなく一番メジャーな脱毛症です。

 

ですから、世間では「薄毛・脱毛症=AGA」というイメージが定着しつつあるほど。世間の育毛対策情報なども、このAGAに焦点を合わせているものが多いです。

 

あなたもひょっとしたら、「女性向けの薄毛対策情報・育毛情報がほしいのに、見かける情報はAGA対策のことばっかり・・・私はM字ハゲとかそういうことで悩んでいるんじゃない!」と思った経験があるのではないでしょうか?

 

ちなみに、男性がなぜAGAになってしまうのかというと・・・これは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、毛乳頭にある酵素「5αUリダクターゼ」と結びついて、「ジヒドロステトステロン(デヒドロステトステロンとも言う)」という物質を作り出すことによって起こります。

 

ジヒドロステトステロンというのは、ごく簡単に言うと、「髪を作るシステムを攻撃する物質」です。毛母細胞の増殖をストップさせて、「毛根から髪を生やす力」を奪ってしまうんですよ。

 

これに対して女性の場合、そもそも男性ホルモンの量が男性よりもずっと少ないので、女性の薄毛は、「AGAではない」というケースのほうがはるかに多いです。

 

もちろん女性でもAGAの人が居ないわけではありませんが、基本的には「閉経後の女性の薄毛の一部がAGA」という程度の割合ですね。

 

女性の薄毛はどんな薄毛?

というわけで、「男性の薄毛=その大半がAGA」ということになるのですが、では、女性の薄毛はどういうものなのでしょうか?

 

まず、女性の薄毛でもっとも多いのが、AGAのように「生え際だけ、頭頂部だけ目立って薄くなる」というような脱毛ではなく、全体的に脱毛したり髪が細くなったりして、髪のボリュームがダウンしてしまうという「びまん性脱毛症」です。

 

びまん性脱毛症の原因は、AGAのように「男性ホルモンが主原因」と言い切れるものではなく、ストレスや生活習慣の乱れ、老化・間違ったヘアケアなどなど、実に多岐にわたります。

 

あと、髪をまとめている女性に多い脱毛症としては「けん引性脱毛症」が挙げられますね。

 

髪をしばることで、毎日同じところに負荷がかかり、その部分だけ頭皮と毛根が弱って薄毛になってしまうのです。ひと昔前は「ポニーテール脱毛」とも呼ばれていました。

 

その他にも、女性特有の脱毛症としては、出産後に女性ホルモンの急激な変化によって脱毛が起こる「分娩後脱毛症」というのがありますね。

 

また、いわゆる「10円ハゲ」ができてしまう「円形脱毛症」も、比較的女性に多い脱毛症だと言われています。