頭皮の皮脂について

MENU

頭皮の脂は必要?不要?

「頭皮の脂」と聞くと、あなたはどんなイメージを持ちますか?

 

「毛穴に詰まると毛根が育たなくなるから、頭皮の脂はとにかくスッキリきれいに落としてしまわないと」と思われるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

 

実はそこには、大きな誤解があるのです。

 

頭皮の脂には、大切な役割がある!

「毛穴をふさいで髪の成長を妨げてしまい、薄毛の原因になる」などと言われて、嫌われがちな頭皮の脂。

 

しかし、実は頭皮の脂には、大切な役割があるんですよ。

 

それは・・・「髪と頭皮を乾燥から守り、健康な状態に保つ」ということ。

 

清潔な状態の頭皮の脂というのは、毛穴をふさいで髪の成長を止めてしまうような「悪者」ではないんですよ。

 

それどころか、頭皮の脂が髪と頭皮に適度なうるおいを与えることは、頭皮を元気にするためにも不可欠な存在なのです。

 

なぜなら、乾燥した頭皮というのは、実はすごく弱い立場になってしまうからなんですよ。

 

頭皮には、雑菌を退治してくれるための常在菌が住み着いているのですが、実はこの常在菌は、乾燥に非常に弱いのです。

 

つまり、頭皮の脂を必要以上に根こそぎ奪い取ってしまい、頭皮が乾燥すると、頭皮を守るための常在菌が少なくなってしまい、雑菌などに対して無防備になってしまうんですよ。

 

さらに、頭皮の異様な乾燥はフケの発生も招きますし、何より「頭皮そのものの水分保持ができないため弾力がなくなり、毛根にも大きな悪影響を与える」という恐ろしい事態まで招いてしまうことになります。

 

ですから頭皮の脂というのは「多少はあって当たり前」というか「ある程度は、なくてはならないもの」なのです。

 

じゃあ頭皮の脂は気にしなくていいの?

というわけで、頭皮の脂というのは、「根こそぎ落としきらなければならない不要なもの」などではなく、「髪と頭皮の健康維持のために不可欠なもの」ということになるのですが・・・

 

「だったら、頭皮は落とさなくてもいいの?」と聞かれると、それはまた別の話。

 

頭皮の脂汚れは、シャンプー等でそれなりに落としておく必要があります。

 

なぜなら、頭皮の脂は時間がたてばたつほど酸化していきますし、汗やホコリ、さらにはヘアスプレーなどと混じることで、1日の終わりには「ドロッとした、粘度の高い脂汚れ」になってしまっているんですよね。

 

このような「酸化して、他の汚れまで混じった粘度の高い脂汚れ」にまでなると、毛穴をふさいでしまい、薄毛の原因になることもあるのです。

 

よくある「頭皮の脂は悪者」という説は、ここから生まれたわけですね。

 

だからこそ「1日の汚れを落とす」という意味で、シャンプーをする習慣は必要になってくるのです。

 

ですがその毎日のシャンプーで「あまりにもしつこく長時間、頭皮の脂を落としきろうとする」などというようなことをすると、「やりすぎ」という状態になってしまうんですよね。

 

ですから、「やりすぎない、適度なシャンプー」というのが、頭皮の脂を落としすぎず、不要な脂汚れだけを落とす、という最適な手段になるというわけです。