髪の生え変わりのメカニズム

MENU

髪が生えて抜けるまで、そのサイクル

育毛を検討している人にとっては「抜け毛」という言葉は恐怖の対象となりがちですが、かと言って、「少しでも毛が抜けたら心配で仕方ない!」と神経質になってしまうのも困りもの。

 

そもそも、「抜け毛がまるでない」というような人は地球上には存在しません。
なぜなら、髪というのは「生えたら生えっぱなし」ではなく、実は自然に抜け落ちるまでの「髪の寿命」というものがあるんですよ。

 

ここでは、「髪が生えて抜けるまで」のサイクル等についてお話ししましょう。

 

髪が生えて抜けるまでの期間と状態

人間の髪は、1本が生えてから抜けるまで、おおむね5〜10年強ぐらいの期間がかかります。

 

その内訳はこう。

 

髪がどんどん伸びて毛根も元気な成長期(5年弱〜10年弱)

毛根がやせてきて、その下に新しい髪を作るための細胞が生まれ始める(1ヵ月程度)

新しい髪の細胞が育って、発毛するのを待つ。(3〜5ヵ月)

新しい髪の発毛が始まると、押し出されるようにして自然脱毛。

 

このようなサイクルで、毎日どこかで少しずつ、髪が古い髪から新しい髪に生まれ変わっている、というわけなんですね。

 

ですから、1日当たり数十本程度抜け毛があろうと、それが即、薄毛につながるわけではないのです。むしろ「数十本程度の抜け毛は、自然なヘアサイクルの一環として、ないほうがおかしい」というわけですね。

 

薄毛になるのはなぜ?

というわけで、抜け毛が少々あろうと、その下から新しい髪が生まれてくることになるので、あまり気にすることはない・・・と言いたいところなのですが、実際は、すべてがそううまくはいきません。

 

「現実問題として、どんどん髪が薄くなっている」という人も多いですよね。

 

どうして、そんな状態になるのかというと・・・

 

それには、以下のような理由が考えられます。

 

〇頭皮の血行が悪い、などの理由で毛根があまり育たず、成長期の期間が短くなってすぐ抜け落ちたり、新しい毛が生えても、毛根が弱くて髪に太さやコシが出ないので薄く見える。
〇頭皮や毛根などにダメージが蓄積しており、新しい髪を生やすための細胞を生み出す力がない。

 

つまり、「髪の生え変わりサイクルのどこかがおかしくなってしまっている」という状態こそが、薄毛を招いてしまう原因になっているという考えられるわけですね。