ストレスと薄毛の関係

MENU

ストレスと薄毛の関係

「ストレスは薄毛の原因になる」という趣旨のことを、あなたも一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

確かに・・・今の時代、昔に比べて栄養状態は良くなっているはずなのに、それでも薄毛に悩む人が多いのは「現代社会はストレス社会だから」という理由もありそうですね。

 

ここでは、ストレスと薄毛の関係について、少し詳しくお話ししましょう。

 

「ストレスは薄毛の原因になる」というのは本当なのか?

ではまず、「ストレスは薄毛の原因になる」という説自体が本当なのかどうか、この答えからズバリ言っちゃいましょう。

 

医学的な理屈から考えて、ストレスが、薄毛の原因のひとつとなっているのは、本当のことであると思われます。

 

ストレスが薄毛を招く、その大きな原因は「ストレスによる血管収縮」です。

 

ストレスというのは血管に対する攻撃性があり、ストレスを強く感じれば感じるほど、人間の血管は収縮してしまうというメカニズムを持っているのですが、この時に、血管収縮の悪影響をもっとも強く受けるのが、毛細血管です。

 

毛細血管というのは、元々がとても細い血管ですから、そこでさらに血管収縮が起こってしまうと「血がほとんど通わない」というような状態になってしまうことも、少なくありません。

 

毛根につながっているのは毛細血管ですから、ストレスによる血管収縮が起こると、血液によって毛根に届けられるはずの酸素や栄養の量が圧倒的に少なくなってしまうのです。

 

このストレスによる血管収縮が一時的なものなら回復も可能ですが、慢性的なストレスで、長期間にわたって毛細血管の血行不良が起こってしまうと、毛根は酸欠と栄養失調でどんどんやせ細ってしまい、髪が細くなったり、抜けてしまったりするんですよ。

 

ストレスによる薄毛を防止するためには?

では、ストレスによる薄毛を防止するためにはどうすればいいかというと・・・

 

まず、「ストレスを緩和・消化する方法を身につける」というのがベストですね。
しかし、それだけでストレス薄毛に完全対応するのは難しいのも事実。

 

どうしても残ってしまうストレスに対しては「育毛剤などで、血管以外のところから栄養を与えて、頭皮と毛根を元気にするよう働きかける」というのがおすすめです。

 

適切な栄養を与えて頭皮を元気にすれば、皮膚呼吸による酸素補給の効率も上がりますし、そもそも育毛剤には頭皮の血行促進をうながす成分が含まれているものも多いので、育毛剤によって血管収縮による酸欠と栄養失調のダメージを、ある程度軽減する効果が期待できる、というわけです。