髪が生える食べ物とは?

MENU

日々の食事についての注意点

髪と頭皮のために大切な栄養素は、まずは良質なたんぱく質、そしてそのサポート役としてビタミン類やミネラル類。

 

さらに、髪と頭皮の状態に大きな影響を与える腸内環境を良好に保つためには、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維が大切な存在となってきます。

 

こうした前提を踏まえて、日々の食事では、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

 

3食に「たんぱく質食品」を取り入れよう!

髪と頭皮のためにまず心がけたいのが、たんぱく質が豊富な食品を、朝食・昼食・夕食すべてに取り入れる、ということです。

 

日本人は基本的にたんぱく質の摂取量は満たしている人が多いと言われますが、それはあくまで男性の話。
女性の場合、ダイエット等を意識しすぎてたんぱく質不足になっているケースも少なくないんですよ。

 

たとえば、朝食は洋食スタイルなら「ヨーグルトと卵」のコンビが代表的ですし、和食スタイルなら魚や卵焼き・納豆・豆腐などのたんぱく質食材を選ぶといいでしょう。

 

また、洋食スタイルの朝食はヨーグルトで、和食スタイルの朝食は味噌汁・漬物・納豆などで乳酸菌も摂れますよ。

 

色とりどりの野菜をたっぷり食べよう!

次に、頭皮と髪の健康のサポート役として欠かせないビタミンやミネラルをたっぷり摂るために心がけたいのが「色とりどりの野菜をたっぷり食べる」ということです。

 

サラダなどの冷野菜も、ある程度は食べることが大切ですが、それ以上に摂取したいのが、煮物・炒め物・蒸し物・汁物の具などの温野菜です。

 

「野菜をたっぷり摂るために」と、バカでかいサラダボウルに山盛りの生野菜を食べて「これで野菜摂取はOK!」なんて考えてしまう人もいますが、生の状態で食べられる野菜の種類というのはたかが知れていますので、これでは栄養が偏ってしまいます。

 

また、生野菜の食べすぎは体の冷えを招く可能性もあるので、健康面でもおすすめできませんよ。

 

バランスよくビタミンやミネラルを摂取するには、温野菜料理を増やして、たくさんの種類の野菜を、量的にもたっぷりと摂る、ということが必要なのです。まずは、いつものみそ汁やスープに入れる野菜の量と種類を増やすことから始めてみましょう!
野菜たっぷりの炊き込みご飯を作るというのも、なかなかいい手です。

 

野菜をたくさん食べることは食物繊維摂取にもつながりますので、この点でも髪と頭皮にとってはプラスになりますよ。

 

スナック菓子・スイーツよりもナッツやドライフルーツを!

おやつの時間に、スナック菓子やスイーツを口にする人も多いと思いますが、できれば、そのおやつをナッツ類やドライフルーツにチェンジしたいところですね。

 

ナッツやドライフルーツにはビタミンやミネラルが豊富なので、「おやつを食べながら栄養補給」というのが可能になります。食物繊維の豊富さも、魅力のひとつですよ。

 

ただし、どちらも食べすぎはカロリーオーバーになってしまいますので、ナッツは「大さじ2杯程度」、ドライフルーツは「片手に軽くおさまる程度」の摂取にしておきましょう。

 

この範囲の量であれば、ナッツやドライフルーツは髪と頭皮の栄養サポート役として、大いにプラスになってくれるはずです。