腸内環境改善に欠かせない3大栄養素

MENU

腸内環境改善に欲しいものはこれ!

腸内環境が悪化すると、免疫力の低下で頭皮や髪が外敵に対して無防備になりトラブルが起こりやすく、さらに、血液が汚れて栄養不足にもなることで、髪や頭皮に必要なだけの栄養まで届かなくなる・・・

 

そうした理由があるからこそ、育毛・発毛をしたいと考えるなら、腸内環境を良好な状態に保つことは必須条件となります。

 

今、「便秘ぎみ」「健康な状態の便が出ない」などといった理由で「腸内環境が悪い」と自覚がある人は、早急に腸内環境改善に取り組む必要がありますよ。

 

ここでは、そのために役立つ情報をご紹介します!

 

腸内環境改善のために欠かせない3つの栄養素

まずは、栄養面からの腸内環境改善を考えてみましょう。

 

腸内環境改善のために欠かせない3大栄養素となるのは、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維です。

 

乳酸菌はいわゆる「善玉菌」で、腸内環境を良好に保つための主役。腸内で悪玉菌を退治するためには、この善玉菌の力が絶対に必要です。

 

乳酸菌はヨーグルトに多く含まれていることが良く知られていますが、漬物やキムチ・納豆・味噌などにも「植物性乳酸菌」が含まれていますのでおすすめですよ。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも胃酸に強く、生きたまま腸に届きやすいというのが、大きなメリットです。

 

次に、オリゴ糖は、乳酸菌が好んでエサとして食べるもの。つまり、腸内の乳酸菌の元気度をアップさせるサポート役として大活躍してくれるのです。

 

オリゴ糖は、シロップ状のものがドラッグストア等で安価に販売されているので、「ヨーグルトにシロップ状オリゴ糖をかけて食べる」などという工夫をしてみるといいでしょう。

 

また、粉末のオリゴ糖もあり、こちらは甘みが少ない分、料理に入れても違和感がないのがメリットです。

 

そして最後に、食物繊維について。
食物繊維は、腸のお掃除役。腸の中をきれいにすることで、善玉菌が働きやすい環境を作り出します。

 

現代人は特に食物繊維不足が深刻、と言われているので、「今の食生活よりも、食物繊維の摂取量を増やす」ということを心がけましょう。

 

白パンをライ麦パンに、白米を分つき米に、という形で主食を変えるだけでも、食物繊維の摂取量を増やすことができます。

 

また、ドライフルーツをおやつとして食べる、というのも、手軽な食物繊維摂取法としておすすめですね。ドライフルーツには果物のビタミンが凝縮されているので、ケーキなどと比べると、栄養面でのメリットもあります。

 

「よく噛む」ということも大切!

腸内環境の改善方法として意外と見過ごされがちなのが、「食べ物をよく噛んで食べる」ということです。

 

これは、食べ物をよく噛むことで、唾液に含まれる消化酵素を行き渡らせ、胃腸での消化にかかる負担を軽減する、という効果があるだけでなく、「噛む」という行為そのものが、腸に対しての適度な刺激にもつながるのです。