出産後の脱毛について

MENU

出産後に脱毛が起こるのはなぜ?

「出産後にドバーっと大量の髪が抜けてしまった」というのは、よく耳にする話ですよね。

 

そう、出産後に脱毛が起こってしまうのは、珍しくもなんともないことで、「分娩後脱毛症」という名前がついているほど、メジャーな脱毛症のひとつです。

 

しかしどうして、出産後に脱毛が起こってしまうのでしょうか?

 

出産後に脱毛が起こる理由

なぜ、出産後に脱毛が起こってしまうのかというと、これは実は、「妊娠から出産後にかけての、体内のホルモンバランスの大きな変化」というのが主原因となっています。

 

女性ホルモンには、脱毛を抑制する作用が備わっているのですが、妊娠中は胎児を守るために、通常以上の量の女性ホルモンがせっせと分泌されています。

 

しかし、出産した後は、もう胎児を守る必要もなくなるので、それまで多く分泌されていたホルモンの量が一気に、元の状態に戻ってしまいます。

 

こうなると、今まで、大量の女性ホルモンのおかげで抜けずにすんでいた毛がどっと抜けるだけでなく、妊娠から出産までの疲れやストレスも重なって、さらに多くの抜け毛を誘発してしまう、というわけなのです。

 

母乳も薄毛を招く要素

出産後に脱毛が起こる理由は、もうひとつあります。
それは・・・「母乳」です。

 

なぜ母乳が薄毛を招くのかというと、実は、母乳を出すための乳腺刺激ホルモンが、髪の成長を阻害してしまう作用を持っているのです。

 

また、「赤ちゃんに栄養を回すのが最優先」ということで、授乳期間中は髪や頭皮にじゅうぶんな栄養が回らないことも、薄毛を招く要因のひとつとなってしまいます。

 

つまり、出産後の薄毛は、「ホルモンの影響・疲れ・ストレス・栄養不足」という、ありとあらゆる要素が重なって起こる、というわけですね。

 

深刻に考えないことが大切!

というわけで、出産後に脱毛が起こってしまうのは、女性の体のメカニズムを考えると「ある程度はやむを得ない、避けられない事態」と考えておいたほうがいいでしょう。
出産後の薄毛をあまり気にしすぎると、それがストレスとなって、一時的な薄毛ではなくストレス性の慢性的な薄毛になってしまうこともありますので、そっちのほうが問題です。

 

授乳がある程度落ち着いた頃から、じゅうぶんな休息を取ることを心がけ、「また体のメカニズムが元通りになったら薄毛も治る」と、気楽に構えるようにしてみましょう。