女性がプロペシアを飲んではいけない理由

MENU

女性は飲んではいけない!プロペシアを服用してはいけない理由とは?

男性用の薄毛治療薬の「プロペシア」は効果が高いものとして
薄毛で悩む男性達から支持されているものです。

 

このプロペシアは女性は絶対に飲んではいけないものと言われています。
プロペシアを女性が飲んではいけない理由と、
どんな影響があらわれるのかをお話ししていきます。

 

プロペシアとはどんな薬なのか?

プロペシアは成人男性用の薄毛治療薬です。

 

なぜプロペシアを飲むと薄毛が改善されるのかというと、
男性の薄毛の原因となるジヒドロテストステロンこと「DHT」を抑える働きがあるからです。

 

DHTは強力な男性ホルモンです。
DHTは毛乳頭細胞の中の男性ホルモン受容体と結びつくことで
毛乳頭細胞の代謝を妨げてしまいます。

 

代謝が悪くなることで頭皮環境が悪くなって薄毛になります。
ではなぜこのプロペシアを女性は飲んではいけないのでしょうか。

 

女性がプロペシアを飲んではいけない理由

プロペシアはDHTを抑える薬です。

 

DHTは男性ホルモンなので、
女性が服用してもなにも効果もないのです。

 

さらにプロペシアは妊娠中の女性が飲むことで
重篤な副作用があらわれることがあります。

 

プロペシアは男性の薄毛に効果がある薬で人気はありますが、
胎児への危険性はとても高いものなのです。

 

日本でいうと厚生労働省のような、
アメリカの機関の「FDA」には薬剤の危険性を5段階
で示した胎児危険度分類というものがあります。

 

一番安全なのが「A」もっとも危険なのが「X」となります。
プロペシアは胎児に最も危険な影響を及ぼす「X」と定められているものです。

 

これが何を意味するかというと、
プロペシアは妊娠中の女性にとって触れることも厳禁な薬なのです。

 

プロペシアで起こる奇形リスク

プロペシアはDHTを抑える薬ですが、
DHTというのは薄毛の原因になるだけの男性ホルモンというわけではなくて
絶対になくてはならないものなのです。

 

DHTが特に必要になるのが、妊娠後の母体の中です。
お腹の中の胎児は細胞分裂を繰り返して体を作っていきます。

 

お腹の中の胎児が男児の場合は
生殖器を作り出すためにDHTが必要になるのです。

 

女性が男の子を妊娠して、
その間にプロペシアを飲んでしまうと生殖器を作るために
絶対に必要なDHTを抑えてしまうので赤ちゃんに障害が残ってしまうことがあります。

 

プロペシアは飲むことも絶対にダメですが、触れることも厳禁です。
プロペシアの有効成分は触れるだけでも皮膚から吸収されてしまいます。

 

女性用の育毛剤がおすすめ

女性の薄毛の場合は女性用の育毛剤を使用していくことがおすすめです。

 

もしも、身近にいる男性がプロペシアを使っていたとしたら、
もらって飲んだりしてはいけません。

 

妊娠中の女性の場合はプロペシアには特に注意していかなければなりません。
女性専用の育毛剤でも効果が高いものはたくさんあります。

 

正しく安全に薄毛対策をしていきましょう。