ヘアカラーのリスクについて

MENU

ヘアカラーは髪と頭皮へのダメージ大!

女性の髪の悩みと言えば、薄毛の悩みだけではなく、白髪の悩みもありますよね。

 

白髪に悩む人はどうしてもヘアカラー(ヘアダイ)に頼りたくなってしまうものなのですが、ちょっと待って下さい!

 

ヘアカラーには、恐ろしいほどのリスクが潜んでいるのをご存知ですか?

 

これほど恐ろしい!ヘアカラーのリスク

ヘアカラーにはどんなリスクがあるのかというと・・・ごくごく簡単に言えば「髪と頭皮を、これ以上ないほどに、徹底的に痛めつける」というリスクがあります。

 

つまり、ヘアカラーのせいで髪や頭皮が弱って、それが薄毛につながってしまう可能性もある、ということ。

 

なぜ、ヘアカラーにそこまでのリスクがあるのかというと・・・

 

ヘアカラーというのは、髪をいったん脱色して、髪のキューティクルを薬品の力で無理やり開き、その開いたところに色素を浸透させることで髪を内部から染める、という仕組み。

 

つまり、髪を守るためのキューティクルをとことん損傷させてしまうのです。これほど強力な薬品レベルの成分が頭皮につけば、頭皮もダメージを受けることは避けられません。

 

また、染料そのものも化学染料を使用しており、これもまた、髪や頭皮を傷める原因となってしまいます。

 

ですから、白髪が気になるからと言ってヘアカラーを使うのは、おすすめできないというわけですね。

 

良質なヘアマニキュアを使おう!

というわけで、白髪が気になるからと言ってヘアカラーを使うのはおすすめできない、という結論になるのですが、「でも白髪はどうしても気になる」というのは、女性として当然の心理ですよね。

 

どうすればいいのでしょうか?

 

これはズバリ、「ヘアカラーではなくヘアマニキュアを使う」というのがおすすめです。

 

ヘアマニキュアというのは、髪の表面のキューティクルだけを染めるもので、しかも、良質なものであれば、染料も化学染料ではなく、天然染料を使用しています。

 

ですから「キューティクルを無理やり開いて化学染料を髪の内部に浸透させる」というヘアカラーと比べると成分も処方もずっとマイルドで、髪や頭皮にかかる負担も、ずっと軽くなるんですよ。

 

ただし、ヘアマニキュアは髪の表面しか染められないため、最初の1回でいきなりしっかりきれいに濃く染まるわけではありません。何度か使用して、ようやく自然な、じゅうぶんな濃さのある染め色になっていく、という感じです。

 

また、ヘアマニキュアはヘアカラーよりも色落ちしやすいので、使用頻度はヘアカラーよりも多くなります。

 

そうしたデメリットはあるのですが、ヘアカラーをずっと使って、髪と頭皮に多大なダメージを長年にわたって与えてしまうことの危険性と比べれば、この程度のデメリットは軽いものだと思いますよ。