間違った育毛方法について

MENU

果汁や野菜汁を頭皮に塗る育毛法は危険!?

市販の育毛剤には、果物や野菜などから抽出したエキスを配合しているものも少なくありません。

 

では、そうした「エキスとして育毛剤などに使われている果物や野菜」の汁を、自分で搾り出して、それをそのまま頭皮につければ、エキスと同様に、育毛に役立ってくれるのでしょうか?

 

いえいえ、そういうわけにはいきません。
果汁や野菜汁を直接頭皮につける、というような育毛法は、絶対におすすめできませんよ。

 

その理由についてお話ししましょう。

 

果汁や野菜汁をつけるリスク

果汁や野菜汁を直接頭皮につけるのがなぜいけないか、その第一の理由として挙げられるのが、「果汁や野菜汁には、いろんな成分が入っているから」ということです。

 

その分かりやすい例としては、ひと昔前にちょっと流行した「レモンの輪切りパック」が挙げられますね。レモンの成分が美白・美肌効果を持つ、ということで、顔にレモンの輪切りを貼りつけてしばらく放置する、というパック法が流行したのですが、そんな中で「美白どころか、シミのようなものができてしまった」という声が上がるようになったのです。

 

その原因は、レモン汁に含まれる「ソラレン」という成分。このソラレンが紫外線にあたると、色素沈着を起こしやすくなるんですよ。これが原因で「レモンの輪切りパックでシミのようなものができた」というトラブルが起こったわけです。

 

頭皮に果汁や野菜汁をつける、という行為は、これと似たようなトラブルを招く可能性が高いのです。果物や野菜に、たとえ頭皮に有用な成分が入っていようとも、他に含まれている成分の影響で、どんなトラブルが起こるか分からないんですよ。

 

これに対して育毛剤などに配合されているエキスは、不純物や、害になるようなものを取り除いたり、変質を起こさないよう、安定化させるための処方がなされるなど、「ただの搾り汁」とはレベルが違うものになっています。

 

果汁・野菜汁は、頭皮にとってはただの「汚れ」!?

果汁や野菜汁を直接頭皮につけるのがおすすめできない理由はもうひとつ、「果汁や野菜汁は、頭皮にとって、ただの『汚れ』にしかならない」ということも挙げられます。

 

エキス配合の育毛剤をつけるのと、果汁や野菜汁を直接つけるのとを比べてみると、「さまざまなエキスが入った育毛剤」よりも、「たった一種類の果汁や野菜汁」のほうが、頭皮にべたつきが出ることが多いです。

 

これも、果汁や野菜汁に、余分な成分・不純物がたくさん混じっているからこそですね。
べたつくだけならまだいいですが、頭皮の毛穴を不必要に塞いでしまったり、果汁や野菜汁が紫外線を浴びたり汗と混じったりすることで変質や雑菌繁殖を起こし、頭皮のトラブルを招いてしまう可能性も出てきます。

 

つまり、果汁や野菜汁を頭皮につけることは「期待できる効果よりも、頭皮や髪へのダメージリスクのほうがはるかに高い行為」と言えます。絶対に、素人判断ではやらないようにして下さいね。