喫煙と薄毛の関係

MENU

絶対にやめよう!タバコは「薄毛製造機」

タバコにはいろんな害がある、ということは、今や誰もが知っていることですよね。

 

タバコの害というのは本当に恐ろしいもので、「全身のあらゆる部分に、何らかの悪影響を与える」と言っても過言ではありません。

 

もちろん、髪や頭皮に与える悪影響も、非常に大きなものですよ。

 

タバコが頭皮の血管・血液に与える悪影響

タバコによる害でまず注目したいのが、頭皮の血管・血液に対する悪影響です。

 

タバコの有害物質というのは非常に多くの種類があり、その中には「血管を、まるで古くなったホースのように弾力の無い状態にしてしまう」というものも数多くあります。

 

頭皮の血管ももちろんこの影響を受けるため、弾力を失ってしまい、「正しい血液の循環」に大きな支障をきたすようになります。

 

また、ニコチンによる血管の収縮作用によって、血行が悪くなる、という点も忘れてはいけません。

 

つまり、「頭皮の血管は古いホースのようにボロボロの状態になり、しかも収縮作用で血行が悪くなる」という、ダブルで悪い状態になってしまうのです。これでは、血液が各細胞に栄養を送るのもスムーズに行かなくなってしまいます。

 

そして、血液への悪影響と言えば、「血液が酸素を運ぶ能力を大幅に低下させる」というのもあります。

 

本来、ヘモグロビンは酸素と結びついて、各細胞に酸素を送り届ける役割を果たしているのですが、タバコを吸うと、タバコの煙の一酸化炭素がヘモグロビンと結びついてしまうため、通常よりも少ない酸素しか運べなくなるのです。

 

よく、ヘビースモーカーが「ちょっと走っただけで息切れする」などと言っているのは、まさにこの酸欠状態の代表例と言えますね。

 

活性酸素の大発生

タバコの害としてもうひとつ見逃せないのは、活性酸素による害の大きさですね。

 

タバコを吸うと体内に大量の活性酸素が発生し、まるで強いストレスを受けたかのような神経興奮や、皮脂の異常分泌などが起こります。

 

ストレスというのは、薄毛の大きな原因となる存在ですから、タバコを吸うだけでそれと似たようなことが起こる、と言えば、そのやっかいさが分かるのではないでしょうか。

 

ちなみに、タバコをストレス解消手段として吸っている人もいますが、「タバコを吸うとスッキリする」というのは、「もうニコチン中毒になっていて、ニコチンを補給したからスッキリしている」というだけであって、けっして、本当の意味でのストレス解消になっているわけではないんですよ。

 

さて、これだけでもやっかいなのですが、タバコにはさらにやっかいな害があります。
それは、「体内の抗酸化成分が、タバコの害で激減してしまう」ということです。

 

抗酸化成分の代表格であるビタミンCは、タバコの活性酸素と戦う際の消費が非常に激しく、せっかくビタミンCをしっかり摂取していても、ちょっとタバコを吸うとすぐに消費されてしまいます。

 

抗酸化成分が足りない頭皮は外部からの刺激にも弱くなり、炎症などのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

また、活性酸素は、細胞の老化を早めてしまう作用もありますので、頭皮の老化・毛根の老化・毛細血管の老化なども引き起こしてしまうのです。これもまた、薄毛につながる、非常にやっかいな作用ですね。

 

・・・いかがでしょうか。タバコによる髪や頭皮への害というのは、想像以上に恐ろしいものだと思いませんか?
もし、今あなたが喫煙しているのなら、すぐにでも禁煙をスタートさせることを、強くおすすめします。