年齢による女性の薄毛原因

MENU

女性の薄毛の原因は年齢で異なる!年代別で解説

女性の薄毛の悩みは決まった年齢層だけが持っているものではありません。
20代の若い女性でも薄毛の症状に悩まされているということはあります。

 

女性の薄毛の原因は多くの場合で年齢によって異なります。
今回は年代別の薄毛の原因を解説していきます。

 

年代別の女性の薄毛の原因

女性の薄毛は加齢によって起こるだけではなくて、
10代や20代でも起こることがあります。

 

年齢を重ねていけば加齢が原因となって薄毛が起こりますが、
若いうちの薄毛の原因は加齢ではなくて違ったものとなります。
年代別で薄毛の原因について解説していきます。

 

20代の薄毛の原因

20代という若いうちから薄毛の症状で悩んでいるという女性もいます。

 

20代の薄毛の原因は、社会人となって環境が変わることで起きる
ストレスやライフスタイルの変化などが影響していることが多いです。

 

他にはダイエットや睡眠不足などで頭皮環境が悪くなってしまうことも原因となります。
髪の毛のカラーリングやパーマなどでも頭皮に負担がかかって薄毛の原因となります。

 

30代の薄毛の原因

30代になると女性ホルモンのエストロゲンの減少も薄毛の原因となります。
エストロゲンは髪を成長させて維持する働きのあるホルモンです。

 

このホルモンが減少することで髪のサイクルに影響を及ぼして薄毛が起きてしまうのです。
30代は、妊娠出産をする女性も多いです。

 

妊娠や出産で女性ホルモンが乱れることが薄毛の原因となることもあります。
さまざまな要因が重なってしまった薄毛の症状が悪化してしまうということもあります。

 

40代の薄毛の原因

40代は30代以上にエストロゲンの減少が起こります。
40代になれば閉経がやってきて更年期の症状が出てくるという人もいます。

 

加齢によって起こる女性の薄毛は「女性型脱毛症」「びまん性脱毛症」というものです。
この薄毛の症状は、抜け毛が多くなったり髪が細くなったりすることで、
全体的に髪の毛が薄くなっていきます。

 

50代の薄毛の原因

50代の女性の薄毛は、女性型脱毛症やびまん性脱毛症とは少し違って、
頭頂部に薄毛の症状が起こります。

 

これは閉経して更年期障害が起こることで、
女性脱毛症ではなくて「男性脱毛症」と似ている症状を起こしてしまっているのです。

 

女性の薄毛の原因に共通していること

年代別で女性の薄毛の原因を解説してみましたが、
どの年代でも共通している薄毛の原因もあります。

 

ストレスや睡眠不足はどの年代でも薄毛の原因となってしまいます。
食生活の乱れや運動不足なども頭皮には良い影響を与えません。

 

薄毛が気になるようになったときは、何歳であろうと出来る限りの薄毛対策をしていきましょう。

 

 

 

 

 

関連ページ

抜け毛の時期