女性の薄毛症状の特徴

MENU

女性特有の薄毛の症状がある!種類によって原因も異なる

薄毛の症状は男性と女性で異なります。
女性の薄毛の症状にはいくつかの種類があって原因も異ななることがあります。
女性特有の薄毛の症状について解説していきます。

 

女性特有の薄毛はなぜ起こるのか

女性の薄毛は何が原因で起こっているのでしょうか。

 

さまざまな原因から薄毛症状があらわれることもありますが、
女性の薄毛症状の主な原因となるのは女性ホルモンのバランスの乱れです。

 

そして血行不良による頭皮環境の悪化です。
女性ホルモンは加齢によって乱れるということがありますが、
生活習慣によっても乱れるということもあります。

 

ダイエットや睡眠不足、喫煙や偏った食生活などでも
ホルモンバランスは崩れます。

 

また、女性の薄毛症状は遺伝によって起こってしまうこともあります。

 

女性の薄毛症状の種類

女性の薄毛症状はいくつか存在します。
薄毛症状と原因についてお話ししていきます。

 

びまん性脱毛症

女性の薄毛症状でよくあるのが、びまん性脱毛症です。
男性にも似たようなAGAという薄毛症状がありますが、
薄くなっていく部分が違います。

 

女性の場合は髪の毛全体が薄くなっていきます。
びまん性脱毛症は女性ホルモンの減少が原因となって起こるものです。

 

円形脱毛症

女性だけではなくて男性でも起こる薄毛症状です。
誰もが起こる可能性のあるもので、円形の脱毛症が起こります。

 

小さな円のときもあれば大きな円でできてしまうこともあります。
あまりにも大きい脱毛症が起きている場合は治療が必要になることがあります。

 

この薄毛症状の原因はストレスと言われていることがありますが、
ストレスと円形脱毛症との関係はまだはっきりと解明されていません。

 

分娩後脱毛症

妊娠と出産でホルモンのバランスが崩れることで起こる薄毛症状です。

 

一般的には半年から1年くらいで元に戻るものですが、高齢出産の場合などは、加齢による薄毛の症状と重なってしまうことがあるので確実に戻るとは言い切れないものがあります。

 

牽引性脱毛症

髪の毛を縛ったりして、毛根にダメージを与えることで起こる薄毛症状です。
髪の毛の分け目などがいつも同じだったりしても起こりやすいです。
一定の部分に負担がかかることで起こる薄毛の症状です。

 

ひこう(粃糠)性脱毛症

頭皮が乾燥することでフケが出て毛穴をふさいでしまって
頭皮の炎症を起こしてしまうことで起こる薄毛の症状です。

 

しろう(脂漏)性脱毛症

頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで毛穴をふさいでしまって
炎症を起こしてしまうことで起こる薄毛症状です。

 

女性の薄毛対策

女性の薄毛対策は、対策を早めに始めていくことが大切です。

 

女性の薄毛対策は「女性ホルモンのバランスを整える」ことと
「頭皮環境を改善する」ことが重要です。

 

そしてなるべくストレスをためない工夫をしていくことです。
生活習慣に乱れがある場合はできる限り改善していくことをおすすめします。